読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モチーフアクセサリーファウニ猫店長通信

モチーフアクセサリー専門ショップファウニのお知らせや猫店長がつぶやいてます

モチーフアクセサリー専門ショップ猫店長通信

王子稲荷神社に行ってきました

つれづれなるままに

f:id:fauni:20151107140231j:plain

飛鳥山をあとにして、次に向かうは「王子稲荷神社」。
王子稲荷神社は、関東のお稲荷さんの総社といわれる関東のお稲荷さんの大元締め。
江戸時代に観光名所として反映してきた大きな神社です。
大晦日の夜、諸国のキツネ、社地の東、古榎のあたりにあつまり、装束をあらためるといわれ、狐火で有名だったのだとか。
以前から、ぜひ一度キツネさんの総本陣を見てみたいと思っていました。
さすがに荘厳なつくりでした

 

f:id:fauni:20151107140254j:plain

飛鳥山にかかわらず、王子近辺は坂が多く、小高い丘が多いんですね。
こちらも階段を上って社殿へ。
横には幼稚園がありました。

 

f:id:fauni:20151107140322j:plain

おお、入り口には1対のキツネ様が!精悍な顔立ち!手に実のような?何か持ってますね。

f:id:fauni:20151107140329j:plain

こちらは斧?鎌?鍵?
お稲荷さんはその名称のとおり、穀物の神様ですので、鎌でも米蔵の鍵でも間違いではなさそう。

本殿でお参りさせていただいた後、さらに上に上ると願掛け石があり、さらに上には昔狐が出入りしたという狐穴のあともあり、ちょっと観光地っぽい雰囲気も味わいました。ご紹介したいところではありますが、本殿はじめまさに霊験あらたかな場所は写真にとらないようにしています。

 

f:id:fauni:20151107141135j:plain

脇の出入り口には、正門とは違い、にこやかななんだかカワイイお狐様が!
たれ目がいいですね!

f:id:fauni:20151107130408j:plain

もちろん、王子神社にもいきましたよ。
こちらは徳川将軍家が日光に参詣する際のお休み処ともされていた将軍家とゆかりの深い場所。徳川吉宗はそのため、飛鳥山に桜の木を寄贈したといわれています。

f:id:fauni:20151107125959j:plain

不届きモノ発見!(笑)
黒猫が境内に入る際清めるためのお水でお水をのんでました。

 

関東のお稲荷様総社をお参りもすませましたし、ファウニでも狐のチャームペンダントを追加しました。

狐モチーフシルバーチャーム・ペンダント

 狐モチーフシルバーチャーム・ペンダント

ストラップやキーホルダーに使えるチャーム用フックかネックレス用金具が選べます。